エステナードリフティは痛い?実際に使って完全検証

エステナードリフティに痛みはあるのか?

 

痛いのはイヤ、絶対にイヤ


 

エステナードリフティを使ってみたいけど、痛みがありそうで怖い・・・

 

エステナードリフティの口コミを探すと、時々見られる痛くて辛いという意見を目にします。

 

しかし、一口に痛いと言ってもどれくらいレベルなのか?分かりませんよね。また、どうして痛みを感じるのか?仕組みを知っておく必要もあります。

 

この記事では、エステナードリフティの痛みについて、徹底的に調査してみました。ぜひ参考にして下さいね。

 

痛みのレベル

管理人の主観になりますが、実際に体験した感想としては、さほど痛みは感じていません。十分に我慢できるレベルです。

 

ただし、ピリピリとした感触なので、慣れるまでは気持ち悪さがありました。

 

痛みを感じる場所

 

エステナードリフティの痛みは、部位によって感じ方が違うんだよ。


 

脂肪が薄く、骨に近い部位は痛みを感じやすいです。
特に痛いのは、

  • おでこ
  • あご

です。脂肪が厚い部分は、まったく痛みを感じません。頬や口周りなどは、エステナードリフティの出力レベルを強にしても問題ありませんでした。

エステナードリフティに痛みを感じる理由

 

そもそもどうしてエステナードリフティって痛いの?


 

 

EMSという特殊な設計だからだよ


 

 

イーエムエス・・?


 

ここでは、なぜエステナードリフティで痛みを感じるのか?詳しい仕組みについて考察していきます。

 

EMSには電気刺激がある

エステナードリフティのEMS機能は、電気刺激により表情筋を鍛えることで脂肪を落とすアプローチを取ります。ダイエットのEMS機器も同じですが、脂肪が少ない場所は電気刺激が皮膚内に伝わりやすく痛みを感じます。

 

EMSの仕組み

EMSとは、電気刺激を与えて強制的に筋力を強くする仕組みのことです。電気刺激の中でも周波数が高周波であれば痛みを感じません。

 

そのため、エステナードリフティも高周波であるRF(ラジオ波)モードではまったく痛みは無いです。しかし、皮膚抵抗の関係で低周波になると痛みを感じます。エステナードリフティのEMSモードは低周波なので痛いというわけです。

 

EMSの注意点

 

EMSを使うにはいくつか注意点があるよ


 

EMSには以下の注意点があることを覚えておきましょう。

 

低温やけどの可能性もある

EMS機器を肌に一定時間当て続けると低温やけどになる可能性があります。安価なEMS機器は特に要注意です。

 

エステナードリフティでは、低温やけどに関する口コミはありませんが、実際に使用する際は少しずつ施術箇所をずらしながらケアしていくと安全です。

 

使い方を間違えると感電の恐れも

エステナードリフティは防水に対応していないため、お風呂で使用することはできません。通常の電化製品と同じく、水に付けると感電する恐れがあるので注意して下さい。

 

また、ペースメーカー等の電子医療機器を体内に埋め込んでいる方も、感電の可能性が0とはいえませんので、使用しない方がいいでしょう。

 

ジェルが不足する場合も痛い

エステナードリフティを使うときは、必ず事前準備としてジェルを顔に塗っておきます。正規ジェルが無い場合は、化粧水や美容液でも構いません。

 

もし、何も塗っていない状態でエステナードリフティを使えば、EMSの刺激を緩衝するものが無くなるため、痛みを生じやすくなります。

痛みに対してどう対策すればいいのか?

 

痛いからエステナードリフティなんか使わない!


 

 

それはちょっとモッタイナイかも。エステナードリフティの痛みは対策法を知れば十分に和らげることができるんだよ。


 

ここでは、エステナードリフティの痛みに対してどう対処すればいいのか?具体的な対策方法を解説していきます。

 

こちらの対策方法を学べば、エステナードリフティの使用を怖がる必要はありません。そもそも我慢できないほどの痛みではありませんが、以下の対策方法を守れば完全に痛みに対抗することができますよ。

 

正しい使い方を身につける

基本はエステナードリフティの正しい使い方を身につけることです。エステナードリフティは使う際は、必ずジェルを先に塗布します。その後、本体側面のアースプレートをしっかりと握って、出力レベルは弱からスタートします。

 

ケア時間は顔全体で5分が目安です。5分以上時間をかけると、徐々にジェルが乾いてきて痛みを感じやすくなります。また、5分以内でもジェルが乾いてきたら、再度顔に塗って痛みを緩和しましょう。

 

エステナードリフティの使用方法については以下の記事も参考にして下さい。

 

関連記事:エステナードリフティの基本的な使い方

 

(1)出力レベルを弱にする

エステナードリフティの出力レベルは、弱・中・強の3種類があります。脂肪の多いフェイスラインは中からはじめても構いませんが、他の部位は出力を弱にしましょう。

 

脂肪の薄い、おでこやあごはもちろん、目の周りも弱で使用して下さい。頬も、骨が出っ張っている箇所があるため、施術に慣れるまでは出力レベル弱で使った方がいいでしょう。

 

(2)ジェルをたっぷりと付ける

エステナードリフティを使う際は、痛みの緩和だけでなく肌の負担も軽減させるため、必ずジェルを使用します。ジェルを顔につけるときは、できるだけたっぷりと使うことがコツです。

 

エステナードリフティの正規ジェルであるパーフェクトリフトジェルは、あえてベタつきがあるテクスチャとなっています。これは乾きにくくするためで、美顔器ケアを考えて設計されています。

 

しかし、一般的な化粧水や美容液の場合は、美顔機用ではないため通常の使用量だと足りない可能性が高いです。そのため、勿体無いという気持ちは捨てて、使用量は多めにしましょう。

 

価格が高くて正規ジェルや市販の化粧品を多く使いたくない方は、大容量でコスパの良い代用ジェルを購入するといいでしょう。エステナードリフティに使用できる代用ジェルについては、以下の記事でまとめていますので参考にして下さい。

 

関連記事:エステナードリフティにおすすめの代用ジェル

 

 

もし耐えられないほど痛かったら全額返金保証を申請してね。エステナードリフティが届いてから30日以内なら全額返金してもらえるよ。


エステナードリフティ


EMSの刺激で表情筋を鍛えて、
  • 頬・目の下のたるみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • ゴルゴ線
にアプローチできるエステナードリフティ。

ライザップ監修ということで期待が高まり実際に購入してみました。効果のレポートはこちらの記事をご覧ください。

エステナードリフティ