効果で選ぶ!ラジオ波が使える顔痩せ美顔器5選

ラジオ波が使えるおすすめの美顔器とは?

ラジオ波が使える美顔器

 

痩身エステでは、定番となっているラジオ波。顔に使えば顔痩せ効果が期待できます。この記事では、ラジオ波が使える美顔器を徹底解説。

 

その他、ラジオ波の副作用や効果がある理由についても説明していきます。ラジオ波の美顔器を探していた方は参考にしてくださいね。

ラジオ波の効果とは?

まずは、ラジオ波の効果や副作用の有無を見ていきましょう。

 

顔に当てたときの効果

ラジオ波とは高周波の周波数を利用して体の分子を振動させて、肌の深部を温める機能を指します。仕組みとしては電子レンジと同じですが、もちろん人体に悪影響が無いように安全に設計されています。

 

元々は医療用機器で使用されていたのですが、エステサロンを中心に美容分野に応用されるようになりました。

 

ラジオ波を顔に使用すると以下の効果があります。

  • 小顔効果
  • セルライトの除去
  • 美肌効果
  • むくみ解消
  • ハリ・弾力アップ
  • しわ・たるみ改善

摩擦熱によって皮膚を深部から温めるラジオ波は、脂肪溶解・代謝アップにより小顔効果やセルライトの除去が見込めます。エステサロンでは、左右どちらかだけラジオ波を当てて、お客さんに効果を見てもらうといった説明がよく行われています。

 

また、ラジオ波で肌を温めると血行が良くなるため、美肌効果が期待できます。特に、ターンオーバーが乱れて新陳代謝ができていない場合はより効果を実感できるでしょう。血行促進により老廃物が排出されて、むくみ解消にも繋がります。

 

その他、ラジオ波を使うと顔が引き締まりハリ・弾力がアップします。その理由は、ラジオ波の摩擦熱が真皮層のコラーゲン生成を手助けするからです。破壊されたコラーゲンネットワークは柔らかな熱を与えると、生成が活発化してやがて修復していきます。

 

ハリ・弾力が出ると、徐々にしわやたるみが目立たなくなり若返りが見込めます。

 

副作用・デメリット

同じ周波数を使う施術のキャビテーションやEMSに比べて、ラジオ波は安全性が高く副作用がほとんどありません。摩擦熱を伴うため、火傷・内出血の危険性は0ではありませんが、事故を起こす確率は0.1%以下です。家庭用美顔器、エステサロンともに事故の報告は今のところ見たことがありません。

 

ただし、注意したいのは金属アレルギーの方です。ラジオ波は通電させるために金属でできた対極板を使用します。皮膚に金属が触れるためアレルギーの方は肌に異常が出る可能性があります。

 

その他、妊婦の方も使用は控えておきましょう。ラジオ波に限らず、周波数・電磁波を使ったあらゆる美顔、痩身機器は使用してはいけません。顔だけの使用でも胎児に対するリスクを完全に0にしたいなら使用しない方がいいでしょう。

 

痛みに関してはまったく無いです。低周波のEMSは電気刺激の痛みを感じる場合がありますが、ラジオ波はまったく痛みが無いのがメリットです。

ラジオ波が使えるおすすめ美顔器

ここから、ラジオ波の機能を備えた家庭用美顔器をご紹介していきます。それぞれ特徴を持っているため、自分の症状に合わせてぴったりの美顔器を見つけてみましょう。

 

エステナードリフティ

エステナードリフティ

 

ライザップが監修する家庭用美顔器エステナードリフティ。ハリ・弾力がなくなる原因の一つ、表情筋の筋力アップを目的としています。ラジオ波でじんわりとほぐした後はEMSでたるんだ皮膚をリフトアップしていきます。ライザップらしく筋力トレーニングの理論を使うため、週に2回の施術で十分です。

 

その他、イオン導入機能もあるため、美容液を角質層まで浸透させることができます。付属のパーフェクトリフトジェルは、保湿力に優れた集中型ペプチドを配合。イオン導入で浸透させれば潤いのあるハリ肌になれます。

 

>>エステナードリフティの口コミレビューはこちら

 

newaリフト

newaリフト

 

他の余計な機能をすべて削ぎ落とし、フェイスラインの引き締めに一点集中で特化したnewaリフト。顔のたるみを改善したいなら非常におすすめの美顔器です。医療機器メーカーが科学的根拠に基いて開発したnewaリフトは、価格が高い代わりに他の美顔器よりも圧倒的な高機能を誇ります。

 

深部を温めるサブマイクロ波で、脂肪を溶解してEMSでリフトアップを目指します。ニッケル素材を除去しているため金属アレルギーの方でも使用可能です。

 

ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザープロ2

 

アンチエイジング用の家庭用美顔器としてロングセラーを続けるツインエレナイザーPRO2。ホームエステを目指すツインエレナイザーは、イオン導入・超音波機能を兼ね備えます。引き締めよりもクレンジングに力を入れているツインエレナイザーPRO2。

 

実際に、コットンにこびりついた毛穴の汚れを見ると本当に驚きます。通常のスキンケアの170倍も浸透力をアップさせることができるため、くすみを取って美白ケアすることが可能です。付属の美容液もすべて原液で意識の高さが表れています。

 

美ルル リバース

美ルルリバース

 

U字型の美顔器という今までありそうで無かった美ルル リバース。U字なので、顔の輪郭はもちろん、目の下や口元にもフィットします。そのため、ほうれい線や目の下のたるみにダイレクトにヘッドを当てることが可能です。

 

カラーはピンク、ゴールド、ホワイトの3種類で見た目が可愛いのも特徴的。RFの温熱作用に加えて、LEDの光ケアや微弱電流でアプローチするエレクトロポレーションなどあらゆる新技術を取り入れています。EMS機能もあるため引き締め効果も期待できます。

 

美ルル リバースは顔だけでなく、ボディケアも利用OK。ヒップ・バストアップに使うこともできますよ。

 

ララルーチュ レジーナ

杉本彩がプロデュースするララルーチュ レジーナ。美容液を皮膚の奥まで浸透させること、EMSでフェイスラインを引き締めることを目的としている家庭用美顔器です。コアパルス高周波により、普段使用している美容液を角質層まで届けることができます。

 

温熱効果により血行促進。ターンオーバー周期が整うため、むくみや顔のたるみが徐々に改善していきます。1時間で1000本売り上げた実績もある、今注目の家庭用美顔器です。

効果的な美顔器の使い方

どれくらいの頻度で使えばいい?

フェイシャルケアは努力が大事と思い込みすぎて、毎日美顔器を使う方がいます。このやり方は間違いです。美顔器は肌に負担をかけるため、美顔器を連日で使わない方がいいです。さらに、EMSタイプの美顔器は週に2日程度がベストです。

 

表情筋を鍛えるEMSは、筋力を形成するために筋繊維の修復時間が必要です。この時間を超回復といいますが、目安は2〜3日となっています。

 

つまり、EMSタイプの美顔器を使用したら、最低2日は間を開ける必要があるのです。どうしても毎日美顔器を使いたい場合は、施術する部位を変えながら行うしかありません。

 

併用する美容液も重要

美顔器を使用した日はいつもより、美容成分の浸透力が上がります。特に、イオン導入かクレンジング機能を備える美顔器は飛躍的に浸透力が上がるため併用する化粧品にも気を使いたいところです。

 

取り入れたい美容成分はしわやたるみに効果的なアンチエイジングの成分です。以下の美容成分は、抗酸化や保湿に対する効果が高いので美顔器と併用すると効果的です。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • セラミド
  • プラセンタエキス
  • フラーレン
  • ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸)
  • ビタミンC誘導体

現役の美容液など高価な商品でなくてもいいので、上記の成分が配合されたエイジングケア化粧品を美顔器と一緒に用意しておきましょう。

 

エステナードリフティ


EMSの刺激で表情筋を鍛えて、
  • 頬・目の下のたるみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • ゴルゴ線
にアプローチできるエステナードリフティ。

ライザップ監修ということで期待が高まり実際に購入してみました。効果のレポートはこちらの記事をご覧ください。

エステナードリフティ