イオン導入に効果はない?詳しい仕組みから使用回数まで全解説

イオン導入は効果・仕組みを解説

イオン導入

 

イオン導入ってどんな効果があるの・・・?

 

何となく肌に良いというのは分かるけど、イオン導入は具体的にどのような効果があるのでしょうか。効果があるとすれば、どれくらいの時間が必要なのか。また、効果無しの意見は無いのか。

 

この記事では、イオン導入に関して徹底的に調査していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

イオン導入の効果とは?

イオン導入とは?

イオン導入とは、マイナスイオンの反発作用を利用して角質層の奥まで美容成分を届けることです。

 

どんなに浸透力が高い化粧品でも、角質層の奥まで成分は届きません。その理由は、角質層と顆粒層(かりゅうそう)の間に微弱な電流の膜(バリア機能)が貼っているからです。

 

イオン導入

 

酸性の角質層とアルカリ性の顆粒層が形成する電流の膜ですが、イオン導入を使えば中性に働いてバリア機能が弱まります。バリア機能を弱まっているうちに、美容成分を使えば皮膚の奥まで浸透します。

 

ちなみに、皮膚のバリア機能が弱わるのは一時的なので危険性はありません。

 

イオン導入×ビタミンC誘導体で肌は改善する

イオン導入は施術法の一種なのでそれ自体には、肌トラブルの改善効果はありません。イオン導入で浸透させる美容成分により、あらゆる肌トラブルが改善して美肌を目指すことができます。

 

分子が小さく、マイナスイオンを帯びたビタミンCはイオン導入との相性が非常にいいです。そして、ビタミンCの浸透力を上げたものをビタミンC誘導体と言います。イオン導入×ビタミンC誘導体を利用すれば以下の効果が見込めます。

 

毛穴の引き締め

ビタミンCの皮脂の過剰分泌を抑える機能により、毛穴に詰まった皮脂を排出することができます。その結果、開き毛穴が改善して毛穴が小さくなります。

 

しわ・たるみ改善

イオン導入で通常では届かない線維芽細胞をビタミンCで刺激することができます。線維芽細胞を刺激すればコラーゲンの生成量が上がり、ハリ・弾力が回復します。その結果、下垂した頬のたるみや目の下のたるみ、ほうれい線や目尻のしわまで改善効果が期待できます。

 

美白・シミ予防

ビタミンCの美白効果は厚生労働省に認められています。紫外線の活性酸素を取り除き、くすみのない肌になります。また、メラニン色素の発生を防ぐ機能があるためシミ予防にも最適です。

 

ニキビ・ニキビ跡の除去

ビタミンCは皮脂の分泌を抑えることにより、ターンオーバーを正常化させます。その結果、皮膚の新陳代謝が向上してニキビの改善に繋がります。また、消炎作用もあるためニキビでできた赤みやニキビ跡も薄くすることが可能です。実際に皮膚科でイオン導入とビタミンCが治療として利用されています。

 

ビタミンC以外でイオン導入向きの美容成分

イオン導入とビタミンC誘導体は、セットで紹介されるほど有名な組み合わせです。しかし、イオン導入向きの美容成分はビタミンC誘導体だけではありません。

 

分子のサイズが小さく、水溶性のマイナスイオンを帯びていればイオン導入向きです。ビタミンC誘導体以外では、トラネキサム酸とプラセンタがおすすめの美容成分です。

 

トラネキサム酸

資生堂が開発した人工のアミノ酸、トラネキサム酸。厚生労働省からも正式に認可されている医薬部外品です。美容皮膚科でも実際に使用されています。

 

歯磨き粉や止血剤にも使用されていますが、美容効果としてはシミ・そばかす・肝斑の改善が見込めます。肝斑とは、女性ホルモンのバランスが崩れた際に起こるシミの一種です。

 

イオン導入で特に期待したいのが美白効果です。トラネキサム酸には、メラノサイト生成を活性化させるプロスタグランジンの働きを阻害します。その結果、メラニン色素を抑えて強力な美白の手助けとなるのです。

 

プラセンタ

プラセンタは本当に効果があるの?と疑われていますが、厚生労働省からも認可されている成分です。美容皮膚科のプラセンタ注射やエイジングケアとして人気のプラセンタサプリ。化粧品にも多く配合されています。

 

イオン導入でプラセンタを浸透させれば、ターンオーバーが促進します。ターンオーバーの促進は、肌の新陳代謝に繋がります。古い角質が剥がれて新陳代謝が働けば、色素沈着の改善が見込めます。

 

また、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を助けるFGF(繊維芽細胞成長因子)を刺激することで肌のハリがアップします。

 

イオン導入を行う回数・期間

イオン導入は肌の負担が比較的小さいのですが、毎日使うのはNGです。イオン導入を行うには、イオン導入器を使用します。イオン導入器は家庭用美顔器か美容皮膚科のどちらかで施術します。

 

家庭用美顔器の場合は、週に2回のペースがおすすめです。1回5分程度の施術で十分です。一度使った後は2日の間隔を空けます。美容皮膚科の場合は、1?2週間に一度の施術となります。他の治療も併用する場合があるので、施術時間は人によって異なります。

 

イオン導入の効果を感じるまでは個人差がありますが、早くても1ヶ月程度はかかるでしょう。ターンオーバーの周期を考えても即効性はありえません。ニキビ、ニキビ跡に対しては、2ヶ月以上の時間がかかる場合があります。

 

肌のハリ感・弾力アップなら、比較的早い段階で手応えを感じるでしょう。超音波、ラジオ波、EMSなど別の機能と併用すれば、2週間程度で肌の引き締まりを感じ始めます。

 

イオン導入は効果なし?

一部ではイオン導入で施術しても効果が無かったとの口コミがあります。一体なぜでしょうか?

 

まず、イオン導入自体は美容成分を表皮から真皮に届けるための仕組みを指すので、効果がある・無いの判断はできません。

 

イオン導入で効果が出ない人は、

  • 化粧品に問題がある
  • 使用しているイオン導入器がよくない

のどちらのパターンに分かれます。化粧品に問題があるパターンは、美容成分が物足りないか分子・イオン極がイオン導入向きでなかった可能性があります。イオン導入に向くのはビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、トラネキサム酸などです。

 

また、イオン導入を使うとパラベンや合成香料など肌に害のある成分を真皮に押し込んでしまう危険性もあります。できるだけオーガニックで品質の良い化粧品を使いましょう。

 

イオン導入器が悪いパターンでは、家庭用美顔器に問題がある可能性が高いです。美容皮膚科で使用されるイオン導入器はプロ向けの業務用機器なので効果が薄いとは考えにくいです。

 

しかし、玉石混交の家庭用美顔器は、イオン導入ありと謳っていても実際に効果があるのか分かりません。イオン導入機能がある美顔器を選ぶ際は、こちらの「おすすめのイオン導入美顔器」記事を参考にしてください。

イオン導入を利用するには?

イオン導入を利用する場合、イオン導入器が必要となります。家庭でイオン導入器を使う場合は美顔器が必要です。家庭以外なら美容皮膚科・クリニックで専門スタッフから施術してもらいます。

 

美容皮膚科

美容皮膚科ではカウンセリングしたあと、プロの手で安全にイオン導入が出来ます。痛みや腫れも無いため初心者でも安心です。

 

施術の流れは、カウンセリングを行った後に院内でクレンジング。その後、ビタミンCやプラセンタなど美容成分をたっぷり染み込ませたローションマスクを顔に載せます。その状態で、スタッフがイオン導入してくれるので施術中は目をつむって寝ているだけで大丈夫です。

 

施術後は、メイクを整えて美容皮膚科を出る流れとなります。ダウンタウンや副作用などは何もありません。

 

美容皮膚科でイオン導入する際の費用ですが、6000?7000円が相場となります。施術時間はカウンセリングを入れると20?30分。イオン導入は約10分の施術時間です。レーザー治療やソフトピーリングを併用すると治療時間はさらに長くなります。

 

その他、美容皮膚科によっては真皮の下層まで浸透させるエレクトロポレーションが使えたり、症状に合わせて有効成分が選べたりします。

 

ケミカルピーリングの併用も可能

ケミカルピーリングでは、古い角質を剥がして新しい皮膚を再生させることができます。ニキビ治療はもちろん、毛穴の汚れを溶かして開き毛穴の改善や美白効果を得ることもできます。

 

ケミカルピーリングはイオン導入と相性がよく、ピーリング後の肌に圧倒的な浸透力で有効成分を届けることができます。ケミカルピーリングの費用は1回で5000?6000円です。

 

イオン導入とケミカルピーリングが併用できるかどうかは美容皮膚科・クリニックによります。メニューで選択できる場合は、併用を考えてみましょう。

 

美顔器

家庭用美顔器でもイオン導入機能を利用することができます。美顔器でイオン導入を使う場合は、週に1〜2回の利用がおすすめです。使い方はフェイスマスクに有効成分を染み込ませて顔全体をパック。イオン導入機能をONにしてヘッド部分を肌に優しく滑らせます。

 

家庭用美顔器なら普段使用しているスキンケア用品も、高い浸透力で角質層に染み込ませることが可能です。その他、美顔器によってはイオン導入だけでなくプランのイオンで毛穴汚れを掻き出すイオン導出機能も使用できます。

 

高いクレンジング効果を持つイオン導出は、コットンを挟んで使用します。施術後のコットンを見ると、びっしりと汚れが落ちているのが分かります。この状態でイオン導入すれば浸透力が高まります。家庭用美顔器を選ぶ際は、イオン導入だけでなくイオン導出機能も考慮しましょう。

 

超音波機能との相乗効果も

イオン導入専門の家庭用美顔器はほとんどありません。多くはEMS、ラジオ波、超音波機能も備えています。特に注目したいのが超音波機能です。超音波機能は1秒で100万回以上もの周波数で肌を温めて、コラーゲン生成に有効な線維芽細胞を刺激することができます。

 

線維芽細胞はしわ。たるみと密接に関わっているためアンチエイジングやリフトアップ効果が期待できます。超音波とイオン導入はまったく機能が異なりますが、両機能を併用できるなら活用しない手はありません。

 

最近では、超音波機能の振動を利用してイオン導入の浸透力をさらに上げる家庭用美顔器も登場しています。イオン導入機能が使える家庭用美顔器は、以下の記事におすすめをまとめているので参考にして下さいね。

 

>>イオン導入効果の高いおすすめ美顔器とは?

 

エステナードリフティ


EMSの刺激で表情筋を鍛えて、
  • 頬・目の下のたるみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • ゴルゴ線
にアプローチできるエステナードリフティ。

ライザップ監修ということで期待が高まり実際に購入してみました。効果のレポートはこちらの記事をご覧ください。

エステナードリフティ