顔・頬のたるみを改善する人気の美顔器5選

たるみに効く美顔器とは?

たるみに効く美顔器

 

顔のたるみを改善する美顔器が知りたいとお悩みではありませんか?

 

下垂したたるみを引き上げるには、化粧品だけでなく皮膚の外側からケアする必要があります。自宅でセルフケアするなら美顔器が最適です。最新の美顔器は、エステサロンに匹敵するリフトアップ機能を搭載しています。

 

この記事では、顔のたるみに効く美顔器を厳選してご紹介します。ぜひ、参考にして下さいね。

顔のたるみの原因とは?

そもそも、顔のたるみはどうして起きるのでしょうか?具体的な原因を見ていきましょう。

 

(1)表情筋の衰え

表情筋とは、顔の表情を作るために必要な筋力を指します。顔全体を覆う表情筋は、それぞれが骨と骨の間に結びついています。

 

表情筋

 

体の筋力と同じで加齢とともに衰えてくる表情筋。最近では、スマホ依存、猫背、頬杖、感情表現が薄いなどの理由で若い女性も筋力不足に陥っているケースが目立ちます。表情が衰えると、重力に逆らえず顔の脂肪を支えることができなくなります。その結果、皮膚が下向きに垂れ下がりたるみとなるのです。

 

また、食事の際によく噛まない方は口元の表情筋が弱まり、マリオネットラインやほうれい線になる場合もあります。表情筋の衰えはたるみだけでなく、シワや毛穴の開きも引き起こすため一気に老け顔になりやすいです。

 

(2)コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の減少

顔の皮膚は表皮と真皮で構成されています。角質層の奥まで・・と化粧品の謳い文句を見ることがありますが、これは真皮のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸まで美容成分が届くという意味を指しているのです。

 

※実際には「イオン導入」を行わないと深部まで浸透しない

 

加齢、紫外線の蓄積、乾燥などが原因で減少していくコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸。生成量が落ちると真皮層がスカスカになり、ハリ・弾力が失われていきます。また、これらの重要成分を作り出す線維芽細胞も、外からの刺激を加えないと衰えていきます。

 

(3)皮下脂肪の蓄積

お腹の脂肪と同じで、顔の脂肪も過剰に蓄積するとどんどん垂れ下がっていきます。顔に過剰な皮下脂肪が付く理由はカロリー摂取量が多いこと、つまり単純に食べ過ぎが原因です。

 

カロリーの過剰摂取をしていないにも関わらず皮下脂肪が蓄積している場合は、リンパの流れが悪く老廃物が溜まっている可能性があります。老廃物が溜まると血行不良を引き起こしむくみに繋がります。むくんだ顔は皮膚が下垂してたるみとなるのです。

顔のたるみを改善する美顔器の選び方

顔のたるみを改善するなら、以下の点を重視して美顔器を選びましょう。

 

(1)フェイスラインの引き締め機能を重視

ひとくちに美顔器といっても、イオントリートメントやクレンジングなど、直接たるみをケアする商品ばかりではありません。もちろん美容成分の浸透性も大事ですが、選ぶべきはフェイスラインをキュッと引き上げるリフトアップ美顔器です。

 

イオン導入、イオン導出、LEDなど美容皮膚科と同じ機能が使える最新美顔器も魅力ですが、目的を忘れず顔の引き締め・引き上げを重視している美顔器を選びましょう。

 

(2)表情筋の引き締めに有効なEMSを選択

顔のたるみ改善に最も効果的なのがEMSです。EMSとは筋肉を電気刺激で強制的に収縮させて筋力アップを図る技術となります。ダイエッターにはお馴染みで、最近の研究では効果の裏付けも発表されています。実際、医療器具として整体院でも導入されています。

 

EMS機能付きの美顔器はもちろん顔の引き締め用に特化した設計となります。ラジオ波や超音波振動の温熱で筋肉を緩ませてからEMSを行うのがトレンドとなっています。たるみ改善の美顔器を選び際は、EMS機能付きを選択しましょう。

 

(3)エステ使用の高品質機器を選ぶ

安かろう悪かろうを決めつけるわけではありませんが、1万円以下の美顔器にたるみ改善効果を求めるのは困難です。たるみを改善するには、EMSをはじめエステ使用の最新美容技術を駆使する必要があります。

 

プチプラな美顔器で効果を得るのは難しいでしょう。美顔器は消耗品ではないので、最低でも25000円以上のエステ使用器具を購入するのがおすすめです。

顔のたるみに効くおすすめの人気美顔器

エステナードリフティ

エステナードリフティ

 

自宅で本格的なリフトアップを目指すライザップ監修の美顔器エステナードリフティ。90万台以上を売り上げたエステナードシリーズの最新作です。

 

肌を上向きにするため、ラジオ波・EMS・イオン導入とエステサロン並みの機能を搭載。特に、低周波の電気刺激で表情筋をダイレクトに鍛えるEMSモードは定評があります。

 

口元や頬のたるみはもちろん、あごや目の下のたるみにも使用可能です。効果が出なければ30日間の全額返金保証がある点もエステナードリフティを使う利点となっています。

 

>>エステナードリフティの口コミはこちら

 

NEWAリフト

newaリフト

 

余計な機能をすべて削ぎ落とし、顔のたるみに特化したnewaリフト。1ヶ月から3ヶ月でハリ・弾力を取り戻すことが可能です。価格は安くありませんが皮膚科医監修の元、先進美容の技術が詰め込まれています。サブマイクロ波で皮膚の深部を温めて、緩んだフェイスラインをキュッと引き締めます。

 

トリートメント時間は12分で、使いすぎを防ぐために自動ストップの機能も搭載されています。カラーは4色でピンクが人気です。110gと超軽量なので腕も疲れませんよ。クレンジング機能などはありませんが、口元や頬をリフトアップしたい方は引き締めに特化したnewaリフトが強力な美容アイテムとなるでしょう。

 

ララルーチュ レジーナ

ララルーチュ レジーナ

 

杉本彩がプロデュースするララルーチェ レジーナ。約25000円でEMS、LED、ポレーションなど様々な機能を使うことができます。LEDでは赤のライトで血液循環を促しコラーゲン生成を活性化させます。そして、青のライトは殺菌作用があるためニキビの改善が期待できます。

 

引き締め効果としては、温熱の高周波とEMSがメインです。顔だけでなく首筋やデコルテもケアできます。トリートメント時間は1日5分。多機能な美顔器を使ってみたい方やシワ・毛穴ケアなどたるみ以外の施術をしてみたい方におすすめです。

 

RFボーテフォトPLUS EX

RFボーテフォトPLUS EX

 

低周波と中周波のダブルEMSで、深層表情筋から鍛え上げるRFボーテフォトPLUS EX。EMS以外にも、ラジオ波、イオン導入、イオン導出(クレンジング)が利用可能。その他、クールモードで温冷美容による毛穴引き締めを行うことができます。

 

顔のたるみ全体に効くRFボーテフォトPLUS EXですが、注目は目元のたるみを引き締めるアイケアモードです。目の周りがたるむと見た目年齢が老けて見えるため、重要な施術箇所となります。

 

目元のたるみが気になる方は、他の美顔器には無いアイケアモードが使えるRFボーテフォトPLUS EXを選ぶといいでしょう。ハイスペックな割に3万円代のコスパも魅力的です。

 

リファカラット

リファカラット

 

コロコロと顔に転がすタイプの美顔器リファカラット。原始的ですが非常に精巧な設計で、ローラーにつままれると脂肪がギュッと持ち上がります。ソーラーパネル搭載のリファカラットは、微弱な電流で皮膚を刺激。EMSの電気刺激が強くて利用できない敏感肌の方でも使用可能です。

 

ゴリゴリとリンパ節を中心にマッサージすればむくみ解消効果もあります。皮下脂肪の蓄積やむくみが原因で顔がたるんでいる方におすすめの美顔器と言えるでしょう。口角から頬のフェイスラインに沿ってリファカラットを転がせば、すっきりと頬のたるみが取れて小顔になることができます。

 

その他、防水性なのでお風呂で使用も可能。顔以外にも首、二の腕、バストなど全身に使えます。

普段から取り入れたい顔・頬のたるみケア

ここでは、美顔器以外のたるみケアについて解説します。美顔器をスペシャルケアとして使いつつ、普段から以下のことに気をつけるとたるみ改善のスピードが早まりますよ。

 

猫背を改善して姿勢を正す

姿勢が悪いと顔のたるみが加速します。特に気をつけたいのがスマホ依存の方です。猫背になると、アゴが前に突き出て首の後が縮みます。その結果、顔が下方向に引っ張られてたるみが酷くなります。姿勢良くスマホを操作するのは難しいかもしれませんが、いつもより胸を張ってアゴを引きましょう。

 

その他、デスクワークの方も注意が必要です。腕を90度に曲げて、モニターの位置は目線に合わせましょう。骨盤を立てるように着座して脚はしっかりと床に付けることが大切です。

 

なかなか姿勢が治らないときいは、背中にクッションを置いて姿勢矯正ベルトを装着するのがおすすめです。猫背が改善されると、顔のたるみだけでなくバストの下垂防止や肩こりの解消にも繋がりますよ。

 

エイジングケア化粧品で肌の内側からケア

直接的にたるみケアをするなら美顔器が最適ですが、肌の内側からのアプローチも忘れてはいけません。たるみの原因となる、皮膚の乾燥やコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の減少は、美顔器だけでなく化粧品のケアも必須となります。

 

特にこだわりたいのがエイジングケア成分です。抗酸化や高い保湿力を持つエイジングケア成分が配合されていると、肌年齢は徐々に若くなっていきます。

 

美顔器には美容成分を角質層の奥まで染み込ませるイオン導入や毛穴汚れを浮かせて洗浄するイオン導出、他にもラジオ波や超音波など様々な機能が搭載されています。普段のスキンケア時よりも、美容成分の浸透力が上がるので化粧品も意識して変えてみるといいですよ。

 

取り入れたいエイジングケア成分は以下の通りです。

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ナイアシン
  • アスタキサンチン

肌のハリ感や弾力を上げたいならビタミンC誘導体とレチノールは取り入れたいところです。特にマイナスイオンを帯びるビタミンC誘導体は、イオン導入との相性が非常によくコラーゲン生成を助ける線維芽細胞を刺激することができます。

 

その他、乾燥対策としてはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンは欠かせません。乾燥はたるみだけでなく小じわを引き起こす肌の大敵です。できれば、高濃度で配合された保湿成分を皮膚の奥まで染み込ませましょう。エイジングケアの有効成分として有名なナイアシン、アスタキサンチンもおすすめです。

 

すべてのエイジングケア成分を取り入れるのは難しいかもしれませんが、少しずつ意識して化粧品を変えていくといいでしょう。美顔器と比べて即効性はないですが、徐々に頬のたるみがリフトアップしていくのを感じるはずです。

エステナードリフティ


EMSの刺激で表情筋を鍛えて、
  • 頬・目の下のたるみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • ゴルゴ線
にアプローチできるエステナードリフティ。

ライザップ監修ということで期待が高まり実際に購入してみました。効果のレポートはこちらの記事をご覧ください。

エステナードリフティ